赤外線機器・部品の輸入・製造・販売
アイ・アール・システム社名
アイ・アール・システム社名(英)
TOP > 製品情報 > 赤外線部品 > 赤外ファイバー(中・遠赤外用)

赤外ファイバー(中・遠赤外用)

遠赤外用PIRファイバー

中赤外用のカルコゲナイド赤外ファイバー(CIRファイバー、透過波長帯域1.5~6μm)と、遠赤外用の多結晶赤外ファイバー(PIRファイバー、透過波長帯域4~18μm)です。
放射測定、分光分析、赤外画像計測、COレーザー・CO2レーザーの伝送など幅広い用途において自由度の高いシステムを構築できます。

カタログダウンロード

基本仕様比較

  中赤外用CIRファイバー 遠赤外用PIRファイバー
透過波長帯域 1.5~6μm 4~18μm
コア材質/クラッド材質 As2S3/As-S
*PTFE/PVCの2層保護コート付
AgCl0.25Br0.75/AgCl0.50Br0.50
保護チューブ PEEK
コア屈折率 2.4 2.15
有効NA 0.25~0.28 0.25~0.31
使用温度範囲 -200℃~+100℃ -270℃~+150℃
最大透過パワー 1W (CW) 50W (CW)
減衰率 0.2dB/m (2~4μm) 0.1~0.5dB/m (10.6μm)

バンドルアセンブリ

リモートイメージングや統合温度計測などに、サーモグラフィやアレーセンサと併用して他画素化できるバンドルアセンブリです。
対物側には別途対物レンズを用いてファイバ入射端面にイメージを結像させ、出射端面にフォーカスしたカメラ+カメラレンズで簡易に計測が可能です。
対物・撮像側とも超近接を許す環境であればイメージ光学系は不要な場合もあります。
具体的なご要望や検討環境がありましたら、最適な計測方法の提案も出来ますのでお気軽にご相談下さい。

■PIRファイババンドルによる動画撮影例
(画像クリックで動画を参照できます)

動画説明:
61本バンドルのPIRファイバ(4~13um透過)を用い、撮像位置に指先を通過させたもの。
親指から順に5本(小指は先端のごく一部のみ)が区別可能なことが確認できる。

使用物品
  • ファイバ:PIR 860/1000 x 61本(バンドル済)
  • 対物レンズ:φ15mm Ge-ARレンズ(f≒15mm)
  • 赤外カメラ:Pelican 640x480画素、冷却InSbカメラ、測定波長3~5um帯域
  • カメラレンズ:中赤外用ASIOシリーズ
TOP > 製品情報 > 赤外線部品 > 赤外ファイバー(中・遠赤外用)